安心・安全・安価な除草剤「エイトアップ液剤」(有限会社チャレンジサービス)

写真上から「液剤散布前」・「液剤散布後」・「液剤散布後定植」の様子。除草後も種まきや苗の植え付けが可能。

写真上から「液剤散布前」・「液剤散布後」・「液剤散布後定植」の様子。除草後も種まきや苗の植え付けが可能。

 チャレンジサービス(八木実代表取締役社長、埼玉県深谷市荒川909)は、環境にやさしい除草剤『エイトアップ液剤』(農林水産省登録第18815号)を低価格で提供することで、あらゆる現場での経済的な除草を可能にすると、注目を集めている。

 エイトアップの主原料は、アミノ酸とリン酸。本来、植物が生成するのに必要なアミノ酸を、外から与えることで、生成メカニズムのバランスを崩し、弱らせて枯らしていくもの。

 アミノ酸とリン酸を主原料としていることから、散布後に犬や猫などペットが、草をかんだりなめたりしても、悪影響を与えない。

 雑草の葉に付いた薬剤は、浸透移行し、雑草の葉・茎・根を枯れさせる。土にも安心で、井戸水にも影響を与えない。残留や土壌汚染がないので、枯れた後に種まきや苗の植え付けが可能な上、植木や街路樹の周りにも使用できる。

 使用方法は、通常100倍に水で薄めて散布するほか、竹に原液を注入する処理方法もある。散布は雑草の草丈20~30cm以下の時に散布し、散布後は、6時間以上たてば雨が降っても大丈夫、7~14日で雑草が枯れる。

【会社概要】

▽社名=有限会社チャレンジサービス
▽所在地=〒369-1245 埼玉県深谷市荒川909
▽電話=048-584-2401
▽FAX=048-579-0455
▽事業内容=除草剤の製造及び販売
▽農薬販売届=熊谷第853号
▽代表者=八木実
▽設立=平成2年10月24日
▽URL=http://www.8up.jp/

エイトアップ液剤は容量500mlから200Lまで幅広い

エイトアップ液剤は容量500mlから200Lまで幅広い

【エイトアップ登録経緯】

▽平成6年10月

非農耕地の登録認可登録番号第18815号。適用場所:公園・堤とう・駐車場・道路・運動場・宅地・法面・鉄道など

▽平成12年10月以降

農耕地用登録認可。適用場所:キャベツ・はくさい・だいこん・水田畦畔・水田耕起前・かんきつ・牧草・小麦・茶・ねぎ・大麦・大豆・林地・造林地・果樹類・さとうきび・たまねぎ・野菜類・麦類・豆類・かんしょ
※今後も適用範囲を広げる予定。

【関連記事】
ジェネリックで競争力 商品浸透に全力(有限会社チャレンジサービス 八木実代表取締役インタビュー)

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.