市川~鎌ケ谷間9km 直轄事業で早期整備を(北千葉道路建設促進期成同盟)

[2016/7/7 千葉版]
 北千葉道路建設促進期成同盟(会長・清水聖士鎌ケ谷市長)は、6日開いた総会のあと、県に北千葉道路の早期整備に関する要望書を手渡し、「北千葉道路の西側区間(小室IC以西)について、早期に直轄事業として整備するよう要請し、特に、市川・鎌ケ谷間について、すみやかに計画を具体化し、できる限り早期に事業化すること」を強く求めた。

 県に対する要望活動を行ったのは、総会の開かれた千葉市中央区のオークラ千葉ホテル。清水会長のほか、原八郎鎌ケ谷市議会議長、小川義人印西市議会議長、本郷谷健次松戸市長、小泉一成成田市長、伊藤竹夫成田市議会議長秋本享志白井市議会議長らが参加した。

 県からは、県土整備部の野田勝部長、米良信雄道路計画課副課長(代理)、根本嘉生道路整備課長、湯田尚登道路環境課長、髙田令子都市計画課長、今達也葛南土木事務所次長(代理)、佐藤政弘東葛飾土木事務所長、相澤忠利印旛土木事務所長、山岸浩一成田土木事務所長、秋山文男北千葉道路建設事務所長が出席した。

 はじめに清水会長があいさつに立ち、北千葉道路は期成同盟の構成7市にとってはもちろん、日本にとっても大変重要な道路であると説明し、森田健作知事自らが国土交通大臣、財務大臣に対して北千葉道路の直轄事業化、国道464号の直轄管理などを要望していることに深い感謝の意を表した。

 未着手となっている市川市~鎌ケ谷市間については、国土交通省が27年度に直轄調査を実施し、28年度も引き続き調査を行うこととなっているとともに、成田市~印西市間についても4.2kmの区間が今年度に開通することが見込まれていることを高く評価。

 最後に、県に対して「北千葉道路の早期全線開通に向け、引き続き尽力を賜るようせつに要望する。また、今後決定される市川市~鎌ケ谷市の道路構造などについては、地元市の意向を十分に尊重していただくよう、あわせてお願いする」と要望した。このあと清水会長から野田県土整備部長に要望書が手渡されている。

 北千葉道路の市川市~鎌ヶ谷市間は、東京外かく環状道路の北千葉ジャンクション~鎌ケ谷市鎌ケ谷消防署付近の延長9km程度。これまでも、県や地元市が国の直轄事業としての整備を要望してきた。

 国土交通省関東地方整備局が直轄調査を27年度で実施することに決めたことから、首都国道事務所では昨年7月に開札した簡易公募型競争入札で、予備設計他業務をパシフィックコンサルタンツ(東京都千代田区)に委託。同業務の成果を踏まえ同事務所では、昭和42年に都市計画決定されているルートに整備する同線の形式、車線数などを検討し、概略設計に準じた内容を28年度でまとめたい考え。

 一方県では、28年度予算に同区間の環境アセスメント調査や、都市計画の変更手続きに向けた調査などの委託料を計上している。

 要望の主な内容は次の通り。
【北千葉道路の早期整備に関する要望書】
 現在、全体約43kmのうち、約22kmが開通済みであり、東側に位置する印西市から成田市までの約12kmについては、国の協力を得ながら事業を進めていると聞いている。残る西側に位置する市川市から鎌ケ谷市までの約9kmの区間については、昨年度より国が計画の具体化に向けた調査を実施しており、早期事業化に向け大きく前進が図られたものと認識している。したがって、北千葉道路の重要性や現状を理解、賢察いただき、早期全線開通の実現に向けて、次の事項について特段の高配を賜るよう、ここに要望する。
 ▽国道464号の全線を国の直轄管理区間とするよう要望すること。特に西側区間(小室IC以西)をすみやかに直轄管理区間とすること
 ▽北千葉道路の西側区間(小室IC以西)について、早期に直轄事業として整備するよう要請すること。特に、市川・鎌ケ谷間について、すみやかに計画を具体化し、できる限り早期に事業化すること
 ▽国道464号北千葉道路の東側区間(印西市から成田市まで)の事業中区間については、区間全体の整備を一体的に推進すること
 ▽依然として不足している道路基盤を整備するため、道路予算全体を増額し、必要な予算を確保するよう要請すること

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.