県が発注予定733件 75件を一般競争で 桐生岩舟線白旗橋下部工を4分割

[2016/7/22 栃木版]
 県は22日付けで、7月期の建設工事発注見通し(250万円超)を公表した。全体では733件で、このうち予定価格5000万円以上(県土整備部は一部3000万円以上で試行、27年度補正分については1億円以上)の条件付き一般競争入札が75件となり、環境森林部1件、農政部18件、県土整備部53件、県民生活部2件、警察本部1件の内訳。主な工事では、かん排西前原地盤改良工事(栃木市)、小来川清滝線和の代橋の橋台工(日光市)、桐生岩舟線白旗橋下部工(足利市)、羽生田上蒲生線新清水大橋上部工(壬生町)、総合スポーツゾーン新スタジアム(宇都宮市)-などが一般競争対象となっている。

 今回公表した部局別内訳は、県土整備部が最も多く468件。次いで、警察本部107件、環境森林部55件、農政部53件、企業局35件、保健福祉部6件、経営管理部・県民生活部・産業労働観光部が各3件となった。

 県は27年度2月補正予算を円滑に執行するため、企業局を含む公共4部が発注する工事について、予定価格1億円未満を指名競争、1億円以上についても総合評価方式を省いた条件付き一般競争入札の適用を決めており、前年度同様、工事件数に比べ一般競争の件数が少なくなっている。

 県土整備部の各課室・事務所別内訳は、宇都宮土木事務所43件(うち条件付き一般競争入札4件)、鹿沼土木事務所66件、日光土木事務所50件(同5件)、真岡土木事務所40件(同3件)、栃木土木事務所55件(同5件)、矢板土木事務所25件(同1件)、大田原土木事務所46件(同2件)、烏山土木事務所27件、安足土木事務所52件(同7件)、下水道管理事務所9件(同5件)、公園事務所6件、建築課37件(同10件)、住宅課1件、総合スポーツゾーン整備室11件(同11件)で、河川課は該当が無かった。

 宇都宮土木は7月期に8件を追加。具体的には、総合スポーツゾーン整備に伴う東西進入路4件を追加し、このうち西進入路3件に一般競争入札を適用する。指名競争では、障害者スポーツ拠点施設の駐車場照明、408号宇都宮高根沢バイパス舗装、氏家宇都宮線舗装修繕を第2、3・2・101大通り電線共同溝は第3四半期に発注する。

 鹿沼土木の追加は指名競争3件。橋梁復旧に伴う一級河川黒川のふれあい橋上下部工、鹿沼環状線と上久我栃木線の舗装修繕で、3件とも第2四半期に発注する。

 日光土木は10件を追加し、このうち小来川清滝線和の代大谷川橋架け替えに伴う橋台工1件を一般競争、第3四半期に発注する。指名では120号明智第二トンネル無線通信補助設備改修など9件を第2四半期に予定した。

 真岡土木の追加は8件。道路舗装や橋梁補修など指名競争を予定しており、121号百目鬼橋の補修に工期5カ月、飯茂木線の逆川大橋は補修を第2、塗装は第3四半期に発注する。

 栃木土木も8件を追加し、栃木市都賀町合戦場地内の宇都宮亀和田栃木線の雨水排水を防除するボックス工など7件を第2、小山市卒島地内の栃木小山線改良1件を第3四半期に発注する。

 矢板土木は道路関係工事を主体に5件を追加。矢板市片岡地内の塩谷喜連川線舗装など3件を第3、461号区画線設置など2件を第2四半期に発注する。

 大田原土木は指名競争で4件を追加、第2四半期に発注する。このうち大田原市中野内地内の那須黒羽茂木線の改良と下山田の擁壁工に工期6カ月を予定した。

 烏山土木は指名で11件を追加、全案件を第2四半期に予定した。事業終盤の294号小川湯津上バイパスは案内標識や道路照明など3件、常陸太田那須烏山線境橋のコンクリート補修を2分割で発注する。

 安足土木では、半断面施工を進めている桐生岩舟線白旗橋の下部工を4件に分け、一般競争で第2四半期に発注する。指名競争では一級河川蓮台寺川の掘削など8件で、追加12件の発注時期はいずれも第2四半期となった。

 下水道管理事務所10件と住宅課1件、総合スポーツゾーン整備室の一般競争11件は公表済案件。公園事務所では、総合スポーツゾーン整備に伴う園路舗装や植栽など6件を追加し、第2四半期に発注する。

 県の営繕工事を統括した建築課は25件を追加。一般競争ではさくら清修高校部室新設など6件、指名競争が宇都宮北高校第2体育館屋根改修など19件が挙がっており、第2~第3四半期にかけて発注を予定した。

 農政部は7件を追加し、工期や発注時期など8件を変更した。追加は下田原北部地区の圃整工や水産試験場試験池のクラック補修などで、発注時期は全案件が第2四半期。未発注工事を含めた53件の事務所別内訳は、河内農業振興事務所4件、上都賀農業振興事務所8件(うち条件付き一般競争入札3件)、芳賀農業振興事務所12件(同2件)、下都賀農業振興事務所14件(同7件)、塩谷南那須農業振興事務所3件(同1件)、那須農業振興事務所7件(同3件)、農業大学校1件、水産試験場2件、農地整備課2件(同2件)。

 環境森林部は、那須町の八幡温泉殺生石線歩道つつじ吊橋の補修工事に一般競争を適用、第2四半期に発注する。工事は昨年9月の豪雨被害の復旧など治山工事を主体に、55件のうち47件までが第2四半期の発注となった。

 各課・事務所別内訳は、馬頭処分場整備室3件、県西環境森林事務所28件、県東環境森林事務所3件、県北環境森林事務所12件(うち条件付き一般競争入札1件)、県南環境森林事務所5件、矢板森林管理事務所4件となっている。

 企業局は指名競争で35件を第2四半期に発注する。各課・事務所別内訳は、地域整備課3件、今市発電管理事務所14件、北那須水道事務所10件、鬼怒水道事務所8件。

 地域整備課の産業団地開発は、足利市あがた駅南の道路改良と造成工3件。今市発電管理事務所が所管する電気事業は、ダムや発電設備などの修繕が主体。北那須と鬼怒水道事務所所管の水道施設整備は、2カ所の浄水場内の設備更新や長寿命化対策のための修繕などとなった。

 警察本部は、107件(別途警察共済組合6件)を発注、このうち警察本部自家発電改修に一般競争を適用する。内訳は、道路標識と標示工事が72件、信号機改良や情報提供装置など電気と電気通信工事29件、下野警察署改修や戸祭幹部庁舎解体など建築関係が6件となっている。

 警察共済組合からの受託工事では、宇都宮南待機宿舎の改修と真岡警察署独身寮改修の2件に一般競争を適用。指名競争では、駐在所の2カ所を第2、交番2カ所は第3四半期に発注する。

 知事部局のうち経営管理部は、足利庁舎の電源装置更新と小山庁舎で冷暖房修繕を第2四半期に予定した。また、県庁の行政情報ネットワーク設備改修に伴うLAN基幹設備改修と機器更新を随意契約で第2四半期に発注する。

 県民生活部は、県庁など74カ所で衛星通信設備を更新するほか、航空ヘリコプター購入に伴いヘリコプターからの映像受信設備更新工事の2件について、一般競争を適用する。指名競争は県立博物館の空調機更新で第2四半期の発注。

 保健福祉部では、リハビリテーションセンターの自動制御機・冷温水機・渡りガラスの張替え・電源の配線工事4件を第2~第3四半期、子ども科学館ではドレンパン補修と変圧器の更新を第2四半期に予定した。

 産業労働観光部は、宇都宮産業展示館の中央管制装置の更新・冷温水発生装置の検査・トイレの洋式化工事3件について第2四半期に指名競争で発注する。

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.