圃場下稲葉と荒井町島着手 県6事業の事前評価報告 小山野木線と泉工区 赤見馬門線3車線へ改善 畜産担い手那須塩原が始動

[2016/10/18 栃木版]
 県公共事業評価委員会(委員長・池田裕一宇都宮大学工学部教授)は17日、29年度から県施行で新規に着手する事業費10億円以上30億円未満の県土整備部が所管する一般県道境間々田線平和・潤島工区(小山市・野木町)、主要地方道矢板那須線泉工区(矢板市)、都市計画道路3・4・3号赤見馬門線高萩町工区(佐野市)、県農政部所管の県営農地整備事業下稲葉(壬生町)と同荒井町島(大田原市)、県農業振興公社が所管する畜産担い手育成総合整備事業那須塩原(那須塩原市)-6事業について報告を受けた。

 6事業の事業費は、▽一般県道境間々田線平和・潤島工区が約21億円(整備延長約2430m)▽主要地方道矢板那須線泉工区が約15億円(同約2700m)▽3・4・3号赤見馬門線ほか1路線高萩町工区が約21億円(同約1780m)、圃場整備下稲葉が約29億円(受益面積196.5ha)、同荒井・町島が約10.6億円(同61.2ha)、畜産担い手育成那須塩原は約21億円(受益農家13人)を試算している。

 各事業の計画概要、事業予定期間、事業費などは次の通り。

《県土整備部》

【道路事業】

〈境間々田線・平和潤島工区〉

▽事業箇所=小山市平和~野木町潤島(3・4・7小山野木線平和工区から続く南進2430m)
▽計画概要=国道4号への交通集中緩和と災害時への代替性幹線バイパス。標準幅員15.0m(車道6.5m、歩道3.5m×2、自転車専用通行帯1.0m×2)、車線数は2車線
▽事業予定期間=29~38年度、29年度・用地調査、29~37年度・用地取得、30~38年度・工事実施
▽事業費=約21億円。内訳は、工事費約11億円、用地補償費約9億円、測量設計費約1億円
▽他計画・他事業との関連性=小山市と野木町の都市計画マスタープランにおいて都市間連携軸の道路整備として同路線が位置づけられている

〈矢板那須線・泉工区〉

▽事業箇所=矢板市下太田~田野原(現道東側へのバイパス2700m)
▽計画概要=現道は人家連担地区で拡幅が困難なことから、延長2700mのバイパスを基本とした整備計画とする。標準幅員12.75m(車道6.5m、歩道3.5m、自転車通行帯1.75mと1.0m)、車線数は2車線
▽事業予定期間=29~38年度、28年度から用地調査、29~37年度・用地取得、30~38年度・工事実施
▽事業費=約15億円。内訳は、工事費約12億円、用地補償費約2億円、測量設計費約1億円
▽他計画・他事業との関連性=(仮称)矢板北スマートIC28年5月新規事業化、同6月連結許可、32年度供用開始予定

【街路事業】

〈赤見馬門線ほか1路線・高萩町工区〉

▽事業箇所=佐野市浅沼町~馬門町
▽計画概要=現道幅員を活用し南進方向2車線化と拡幅整備による交差点の改良。赤見馬門線=標準幅員(一般部)16.0m(車道9.0m、歩道2.5m×2、自転車通行帯1.0m×2)。同(交差点部)19.0m(車道9.0m+右折車線、歩道2.5m×2、自転車通行帯1.0m×2)、車線数は3車線(南進2車線、北進1車線)。高萩村上線=標準幅員(交差点部)16.0m(車道6.0m+右折車線、歩道2.5m×2、自転車通行帯1.0m×2)、車線数は2車線
▽事業予定期間=29~35年度、29年度から用地調査、29~34年度・用地取得、31~35年度・工事実施
▽事業費=約21億円。内訳は、工事費約8億円、用地補償費約12億円、測量設計費約1億円
▽他計画・他事業との関連性=都市活力軸と内環状道路構成、広域幹線道路を補完し都市間を連絡する道路

《県農政部》

【圃場整備事業】

〈下稲葉地区〉

▽事業箇所=壬生町下稲葉地内(約196.5ha)
▽計画概要=圃場の標準区画50aの大区画化、大型機械導入のため農道の標準幅員を5m、用排水路の分離整備と水管理の省力化を図るパイプラインに自動給水栓の設置
▽工事内容=区画整理196.5ha(水田179.8ha、畑16.7ha)、道路工21.2km、水路工46.2km(用水路一部パイプライン25.0km、排水路21.2km)、客土工35.7ha
▽事業予定期間=29~35年度、29年度・測量設計、30~34年度・工事実施、35年度・換地処分
▽事業費=約29.8億円。内訳は、工事費約24.3億円、用地補償費約1.9億円、測量設計費約2.0億円、換地費1.6億円

〈荒井町島地区〉

▽事業箇所=大田原市荒井地内、町島地内(約61.2ha)
▽計画概要=圃場の標準区画50aの大区画化、大型機械導入のため農道の標準幅員を5m、用排水路の分離整備と水管理の省力化を図るパイプラインに自動給水栓の設置や排水路の暗渠化
▽工事内容=区画整理61.2ha(水田59.9ha、畑1.3ha)、道路工5.3km、水路王15.0km(用水路・パイプライン7.0km、排水路・一部暗渠8.0km)
▽事業予定期間=29~34年度、29年度・測量設計、30~33年度・工事実施、34年度・換地処分
▽事業費=約10.6億円。内訳は、工事費約8.6億円、用地補償費約0.5億円、測量設計費約0.9億円、換地費約0.6億円

《県農業振興公社》

【畜産担い手育成総合整備事業】

〈那須塩原地区〉

▽事業箇所=那須塩原市内
▽計画概要=新たな飼料畑の造成と起伏修正・集約による既存飼料畑の整備、個別経営規模に即した牛舎等の整備
▽工事内容=基本施設整備は、飼料畑造成31.19ha、飼料畑整備19.49ha、施設用地造成5.78ha、道路500m。農業用施設整備は、牛舎等12棟、堆肥舎等9棟、浄化処理施設4カ所、サイロ1基
▽事業予定期間=29~33年度、29~33年度・測量設計、29~33年度・工事実施
▽事業費=約21億円。内訳は、工事費約20.1億円、測量設計費約0.9億円

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.