明野中プールは若柳 学校施設整備の設計 公募型プロポで特定(筑西市)

[2017/9/12 茨城版]
 筑西市は学校施設の設計業務に係る公募型プロポーザルの優先交渉権者として、このほど「明野中学校プール整備工事」に若柳建築事務所(つくば市)、「小栗小学校北校舎大規模改造工事」に金田設計事務所(筑西市)「養蚕小学校東校舎大規模改造工事」に横須賀満夫建築設計事務所(水戸市)、「嘉田生崎小学校西校舎・北校舎大規模改造工事」にAOI建築設計事務所(筑西市)を特定した。正式契約は9月末ごろに締結する予定で、履行期間はいずれも30年2月28日まで。なお、「小学校空調設備等整備基本設計」は参加者無しで取り止め、現在、発注方法などを含め検討している。

 明野中学校のプールは老朽化で既存施設が解体されたままになっており、新たに体育館の西側の敷地面積は約2100平方mに整備する。29年度は基本・実施設計を策定し、工事は30年度に実施する予定で、設計委託料の上限額は1620万円を見込む。工事は分離・分割発注を行う可能性があるため、「プールおよびプール付属室新築工事」と「上屋新築工事」を分けられるようにした。

 プールは25m×6コース以上で、プールとプールサイドを覆う上屋を設置するほか、プール付属室(男女更衣室、シャワー室、トイレ、管理室等)を設ける。プールの規模はRC造平屋、整備面積825平方m程度で水面積は400平方m以内とする。上屋はS造、600平方m以内で計画し、建設費には2億円(建築・電気・機械・給排水衛生工事など)程度を想定している。

 小栗小学校の北校舎は昭和57年3月の竣工で、老朽化が著しいため大規模改造工事を実施する。教育環境の改善や建物の耐久性の確保を図るため、屋上防水、外壁改修、内部改修、トイレ改修、電気設備・機械設備改修などを計画し、設計委託料の上限額は1240万円。建物の規模はRC造3階建て、延床面積2243平方mで、トイレ改修を含む概算工事費には1億7504万円を見込む。

 養蚕小学校の東校舎は昭和44年3月に建設され、48年2月に増築している。建物はRC造2階建て、延べ744平方mと193平方mの規模となる。屋上防水、外壁改修、内部改修、トイレ改修、電気設備・機械設備改修などを実施し、設計委託料の上限額は657万円を予定。トイレ改修を含む概算工事費には7696万円を想定している。

 嘉田生崎小学校では、西校舎と北校舎の大規模改造工事を計画している。西校舎は昭和45年3月に竣工し、RC造2階建て延べ744平方m。北校舎は昭和56年3月竣工でRC造2階建て、延べ529平方mの規模となる。整備内容は屋上防水、外壁改修、内部改修、電気設備・機械設備改修などで、設計の委託料上限額は695万円。概算工事費には8274万5000円を見込んでいる。

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.