国交省29年度補正箇所 直轄44.6億、補助に172億円 408号宇高バイパスは10.4億円

[2018/2/6 栃木版]
 国土交通省は、29年度補正予算における都道府県別配分箇所を公表し、本県補助事業に172億1100万円、直轄事業には近隣県河川事業等を含め44億6700万円となった。直轄事業のうち道路は4号西那須野道路が改良工事などとして5億8000万円、河川では渡良瀬川改修の進ちょくを図る。補助事業ではゼロ国を含め国道408号宇都宮高根沢バイパスに10億4000万円を配分している。

 直轄事業のうち道路事業には11億6000万円。改築が西那須野道路5億8000万円▽4号の平出工業団地交差点改良と那須町以北の線形改良の交通安全対策(ゼロ国)に1億8000万円▽4号と50号の老朽化対策など維持管理工事(ゼロ国)で4億円。

 直轄河川事業は佐野市の渡良瀬川下流など改修と維持修繕に8億5400万円、同ゼロ国で20億0700万円。直轄ダム事業には五十里ダムの堰堤改良に3000万円を配分。選択取水設備の新設と利水放流設備の更新の進ちょくを図る。

 直轄砂防事業では、日光砂防事務所管内が中ノ沢砂防堰堤群など2カ所で1億5000万円。日光市足尾町の渡良瀬川河川事務所では、ゼロ国を合わせ松木山腹工に2億6600万円となった。

 補助事業のうち道路事業が国道408号宇都宮高根沢バイパスに重点配分。宇都宮市のLRT整備に伴う渋滞対策などを見据え、2期工区等の進ちょくを図っていく。

 防災・安全交付金には、県と全市町を対象に12事業で国費83億5629万円。道路事業は、バイパスを含めた改良や落石対策など安全・安心を確保する強くしなやかな道路づくりに県と22市町で16億0494万円、通学路の整備には県と21市町に13億5384万円。河川事業では中小河川の浸水対策に県と宇都宮市で34億0300万円を追加したほか、土砂災害対策には重点を含む2事業で県に11億6600万円となった。都市施設関係では、下水道が県と15市町で3億1400万円、公園には県と2市で3億7500万円となった。

 以下、箇所付け。

■国庫道路河川等事業(▼は新規、単位・万円)

◆道路局

【一般国道・直轄】

〈改築〉

〔国道4号〕

▽西那須野道路(那須塩原市)=5億8000

〈交通安全〉

〔国道4号〕

▽栃木4号交通安全対策(宇都宮市、那須町)=1億8000(ゼロ国債)

○平出工業団地交差点改良(宇都宮市)=3000
○那須町以北線形改良(那須町)=1億5000

〈維持管理〉

〔国道4号〕

▽栃木4号老朽化対策(野木町~那須町)=2億(ゼロ国債)

〔国道50号〕

▽栃木50号老朽化対策(足利市~小山市)=2億(ゼロ国債)

【一般国道・補助】

〈改築〉

〔国道408号〕

▽宇都宮高根沢バイパス(宇都宮市、高根沢町)=6億6000

○常総・宇都宮東部連絡道路

▽宇都宮高根沢バイパス(宇都宮市、高根沢町)=3億8000(ゼロ国債)

○常総・宇都宮東部連絡道路

◆水管理・国土保全局

【直轄河川事業】

〈一般河川改修〉

▽渡良瀬川下流(佐野市)=4億9500
▽渡良瀬川上流(足利市)=2億4000

〈河川維持修繕事業〉

▽利根川上流(小山市~野木町)=600
▽渡良瀬川(佐野市)=2000
▽鬼怒川(宇都宮市~小山市)=6300
▽那珂川(那須烏山市)=3000

【直轄ダム事業】

〈堰堤改良〉

▽利根川五十里ダム=3000

【直轄河川事業】

〈一級河川改修〉

▽利根川上流(茨城県取手市・守谷市、栃木市、埼玉県加須市・羽生市、千葉県野田市)=18億5200(ゼロ国債)
▽渡良瀬川下流(佐野市)=1億5500(ゼロ国債)

【直轄砂防事業】

◆日光砂防事務所

〈火山砂防〉

▽山内地区砂防堰堤群(日光市山内)=砂防堰堤工、1億3600
▽中ノ沢砂防堰堤群(日光市上栗山)=砂防堰堤工、1400

◆渡良瀬川河川事務所

〈砂防〉

▽松木山腹工(日光市足尾町)=山腹工、8600
▽松木山腹工(日光市足尾町)=山腹工、1億8000(ゼロ国債)

◆港湾局

【鉄道局関係予算配分】

〈鉄道施設総合安全対策事業補助・地域鉄道安全対策〉

▽わたらせ渓谷鉄道=5100
▽真岡鐵道=5400

■社会資本整備交付金等事業(金額は国費、単位・万円)

【社会資本総合整備事業】

〈防災・安全交付金〉

▽とちぎの安全・安心を確保する強くしなやかな道路づくり=16億0494.9

○県、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、下野市、上三川町、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、壬生町、野木町、高根沢町、那須町

▽子供たちの安全を確保する通学路整備=13億5384.3

○県、宇都宮市、足利市、栃木市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市、上三川町、益子町、市貝町、芳賀町、壬生町、野木町、高根沢町、那須町、那珂川町

▽既存施設の計画的な維持管理による、安全・安心な道路環境の確保=385

○県、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市、上三川町、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、壬生町、野木町、塩谷町、高根沢町、那須町、那珂川町

▽栃木県の市街地内における通学路の要対策箇所の安全確保(防災・安全)=1億4465

○県、鹿沼市、小山市、大田原市

▽栃木県における浸水対策の推進(防災・安全)=34億0300

○県、宇都宮市

▽土砂災害に強い防災基盤整備計画(防災・安全)=9億2300

○県

▽土砂災害に強い防災基盤整備計画(防災・安全)(重点)=2億4300

○県

▽栃木県における災害に強い下水道づくり(防災・安全)=3億1400

○県、宇都宮市、足利市、佐野市、鹿沼市、小山市、真岡市、矢板市、下野市、上三川町、益子町、壬生町、高根沢町、那須町、那珂川町

▽広域防災拠点の整備および長寿命化対策による安全で安心な県営都市公園づくり(防災・安全)=2億6300

○県

▽宇都宮市における安全で安心な公園づくりの推進(防災・安全)=5000

○宇都宮市

▽防災拠点となる真岡市総合運動公園の整備による安全安心なまちづくり(防災・安全)=5200

○真岡市

▽栃木県地域住宅等整備計画(防災・安全)(第二期)=100

○県、宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市、上三川町、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町、壬生町、野木町、塩谷町、高根沢町、那須町、那珂川町、県住宅供給公社

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.