11カ所で配水管整備 有収率低下し漏水調査芳賀中部上水道企業団予算八ツ木取水ポンプを更新(芳賀中部上水道企業団予算)

[2018/2/28 栃木版]
 芳賀中部上水道企業団(企業長・見目匡芳賀町長)は27日までに、30年度水道事業会計予算を議決した。資本的支出は前年度当初から3.5%減の9億6233万円。このうち建設改良費は、6.8%減の6億2292万円となっている。30年度は、配水管の布設工事や布設替工事、各所施設の整備工事、漏水調査を進めるとしている。

 収益的支出では、配水および給水費の委託料に5497万円を計上。各種維持管理等の業務を行うほか、漏水調査業務も実施。同業務については、企業団管内の益子町・芳賀町・市貝町では、東日本大震災の発生後から有収率が低下したため、3町全域的に配水管を調査するもの。30年度は、3町を対象に調査を実施する。

 資本的支出では、取水および導水設備改良費において、工事に3564万円を配分。浄水および送水設備改良費において、工事に950万円を配分。八ツ木第1水源と同第2水源で取水ポンプ更新工事、芳志戸浄水場で非常用発電機蓄電池交換工事を実施する。

 配水設備拡張事業では、配水本管や配水管の布設や布設替などに向けて、工事に3億3894万円、設計に3383万円を配分した。配水本管は、芳賀町祖母井地内でダクタイル鋳鉄管(φ300)延長1015mを整備する。

 配水管は、益子町では▽ダクタイル鋳鉄管(φ150)延長330m▽ポリエチレン管(φ100)延長190m▽ポリエチレン管(φ75)延長230m-を整備。芳賀町では、▽ダクタイル鋳鉄管(φ100)延長350m▽ポリエチレン管(φ50)延長760m-を整備。市貝町では、ダクタイル鋳鉄管(φ100)延長750mを整備する。

 配水管設備改良費では、設計に1663万円、工事に1億8562万円を配分。益子町では、▽ダクタイル鋳鉄管(φ100)延長60m▽ステンレス管(φ150)延長20m▽ダクタイル鋳鉄管(φ100)延長10m-を整備。芳賀町では、ダクタイル鋳鉄管(φ75)延長480mを整備。市貝町では、ダクタイル鋳鉄管(φ100)延長350mを整備する。

 このほか、▽台町配水場防水改良工事▽松本ポンプ場更新工事▽伊許山ポンプ場送水ポンプ等更新工事-を行うとしている。

 主な事業は次の通り。(単位・万円)

《収益的支出》

【原水および浄水費】

▽委託料=1833.3(水質調査、放射能検査、機械電気設備監視管理業務、施設電気保安業務、定期清掃作業、機械警備業務)
▽修繕=896.4(緊急事故修繕)

【配水および給水費】

▽委託料=5497.6(漏水調査、管末地点水質検査、施設電気保安業務、定期清掃作業、量水器交換、施設機械警備業務、配水池・貯水槽清掃業務、閉庁日待機修繕業務ほか)
▽修繕=9746.2(量水器修繕、配水管漏水等修繕、消火栓修繕、給水管等整備、配水施設緊急事故修繕)
▽路面復旧=607.5

【総係費】

▽委託料=4409.8(検針、業務用無線機定期点検、県防災行政ネットワーク無線機保守、事務所機械警備、事務所定期清掃、事務所浄化槽維持管理、事務所維持修繕工事設計)
▽修繕=103.2

《資本的支出》

【建設改良費】

▽取水および導水設備改良工事(八ツ木第1水源、同第2水源取水ポンプ更新工事)=3564
▽芳士戸浄水場非常用発電機蓄電池交換工事=950.4
▽配水設備拡張設計業務委託(配水本管拡張、配水管拡張)=3383.7▽同工事=3億3894.8
▽配水管改良工事設計委託=1663.3
▽配水設備改良工事=1億8562.1
▽メーター購入=134.9

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.