島家住宅核にまちづくり 古内地区 体験交流や飲食・宿泊機能を(城里町)

[2018/6/15 茨城版]
 城里町はこのほど、「古内地区まちづくり計画」を策定して、町議会第2回定例会に報告した。有形文化財の「島家住宅」や古内茶といった地域資源を活かし、さらには旧古内小学校や地域内の空き家なども活用して古内地区の活性化や交流人口・移住者の増大を目指すものとなる。まちづくりの核となる「島家住宅」は、現状の維持保存のほか、飲食機能や宿泊機能を持たせるための改修や増改築を実施する考え。また課題として、進入路が狭く駐車場やトイレなどの確保も不十分であるため、早急に整備が必要と指摘している。

 町では28年8月、古内地区にある国登録有形文化財「島家住宅」を取得した。この住宅は江戸時代の建築物で、築350年と町内では最も古い木造住宅となる。この住宅のある古内地区は古くからお茶の栽培が盛んで、栽培される「古内茶」は茨城三大銘茶のひとつに数えられ、在来種のお茶は徳川光圀公が「初音茶」と名付けたとの話も伝わっている。

 古内地区は、このようにまちづくりの核となる地域資源を有する一方、町内でも高齢化の進行や人口減少が著しい地区であることから、古内地区全体の活性化を図るため「島家住宅」の活用を核としたまちづくり計画を策定した。

 計画の範囲は、まちづくりの核となる島家住宅のある古内地区を中心としたエリアとする。まちづくりの視点には、▽まちづくりの核としての島家住宅の活用▽地区の特産品である古内茶および初音茶の活用▽住民主体のまちづくりと行政の支援──の3つの視点で取り組む。

 地区の将来像は、「お茶と古民家を中心に、里山の良さを体験・交流できる『多世代共生の郷』」と設定。まちづくりの基本方針は、「地域資源を活用して町内外から人を呼び込み、地域全体にその効果を波及させていく」としている。

 島家住宅は古内地区のシンボル的な建物であり、地域のイベントや体験など多彩な交流活動ができる場をはじめ、地域の伝統を体感できる農泊を基本とした飲食機能や宿泊機能を併せ持ったまちづくりの拠点施設として整備する。一方で、中長期的には地域全体での取り組みを進めるため、旧古内小学校や地域内の空き家、耕作放棄地を活用して、古内地区全体の面的な広がりにつなげていく。

 まちづくりの目標は、▽町の内外からの集客▽雇用の確保と「お茶」をはじめとした産業の振興▽移住定住者の確保──を位置付けた。

 まちづくりプランは、基本方針に基づいて中核となる島家住宅および古内茶を活用した短期的な取り組みから始め、中長期的にはもう1つの中核となる旧古内小学校や初音茶を活用する。その上で、農地や空き家、耕作放棄地などを含めた古内地域全体での取り組みへとつなげて活性化を図る。

 短期的な取り組みでは、島家住宅に体験・交流の実施や飲食機能の導入、宿泊機能の整備を行うことで体験・交流と飲食・宿泊機能を合わせ持った施設とするほか、ソフト事業を展開する。中長期的な取り組みでは、島家住宅や旧古内小学校を核にして、空き家を活用した宿泊施設の拡大や移住定住の推進などの事業展開を進めていく。

 島家住宅については、母屋で現状の農家住宅の維持保存のための改修を行うとともに、交流機能(体験・イベント)と飲食機能を合わせ持つ施設として利用する。納屋は大規模な増改築などを行うことで、来町者向けの宿泊や飲食などの機能を持つ施設として利用を検討する。

 また、蔵は現状保存のための改修を行い、宿泊機能をはじめ軽食系や洋菓子などの販売などの飲食機能を持つ施設としての利用を検討する。庭はイベントなどの交流機能やキャンプなどの宿泊機能といった、多様な目的での利用を図る。

 古内茶(初音茶)は、高付加価値化や体験などでの活用、6次産業化などの方向性を持って、具体的な取り組みを進めていく。その他の資源との連携事業では、農業体験プロジェクトや農産物販売プロジェクト、空き家活用プロジェクト、耕作放棄地活用プロジェクトの取り組みを進める。

 今後の展開は、地域協議会や一般社団法人、NPO法人、株式会社といった組織化を図り、役割分担を明確化する必要があるとしている。

 今後の事業課題では、島家住宅についてイベントなど多く人を集客する時に県道から住宅までの進入路が狭あいであること、駐車場が十分に確保できていないこと、トイレなどの水回りの整備がされていないことが問題点としてあることから、早急に何らかの整備を行っていく必要があるとしている。

 さらに、古内地区の周りにあるふれあいの里や物産センター「山桜」、水戸ホーリーホックのクラブハウス「アツマーレ」などとの連携、古内地区住民の気運の拡大、旧古内小学校の活用に向けたコンセンサスの形成などを挙げている。

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.