八間堀川の市道橋改築 本年度事業概要 常総拡幅は事業完了へ(県常総工事事務所)

[2018/8/7 茨城版]
 県常総工事事務所(園部浩久所長)の本年度の事業概要によると、国道294号常総拡幅事業は残区間約1600mの4車線化と2カ所の交差点改良工事を実施して事業完了を図るほか、筑西幹線道路の一部となる主要地方道筑西三和線は道路改良工事や地盤改良工事を実施して事業の進捗を図る。災害復旧関連の事業が完了した八間堀川は、千代川工区の改修事業で市道3号橋の取付道路工事と市道7号橋改築に係る迂回路設置工事や橋梁下部工事などを実施する。

 本年度の主な事業を見ると、国道294号常総拡幅事業は圏央道開通で交通量の増加が著しいことから、管内で4車線化が未了となっている「道の駅しもつま」以北の下妻市下宮地内、延長約1600m区間の4車線化を進めていくとともに、下妻市の原地内と大園木地内の交差点改良を実施する。

 国道294号バイパスは7年3月に暫定2車線で供用したが、交通量が多く主要交差点を中心に慢性的な交通渋滞が発生していたため、13年度から国補事業で4車線化を図っている。全体計画延長27.5kmのうち、常総工事事務所管内では延長22.5kmを担当。事業費は約122億円で、これまでに20.9kmの整備を終えて進捗率は97%に達しており、本年度中の事業完了を目指す。

 主要地方道筑西三和線は、筑西幹線道路の一部を担う主要幹線道路。筑西土木事務所管内の鬼怒川大橋南からバイパスとなり、八千代町内で広域農道に連結し国道125号と接続する計画となっている。

 管内は延長2140mを担当し、事業費に46億円を見込む。これまで、地元自治体など関係機関との協議を経て概略ルートを確定させ、23年度に地元事業説明会や路線測量・予備設計を実施して、24年度から国補事業として進めている。29年度末の進捗率は42%で、用地取得率については98%まで進んでいる。本年度は残る用地取得と道路改良工事、地盤改良工事を実施して事業の進捗を図る。

 一級河川八間堀川は、鬼怒川と小貝川の2大河川にはさまれた延長約18km、流域面積約55平方kmの低地河川で、鬼怒川・小貝川の水位上昇のたび、しばしば湛水被害を受けている。このため、県は昭和38年度から延長15.38kmの河川改修事業に着手。流域内の内水を早期に鬼怒川に排水することで、内水被害の防除や浸水防止などを目的に事業を進めている。

 この事業化区間のうち、下流部の延長10.73km(鬼怒川合流~県道土浦境線橋梁)は13年度までに完了し、14年度からはその上流部にあたる千代川工区の延長4.65km(県道土浦境線橋梁~県道つくば古河線橋梁)で事業を進めている。全体の事業費は約30億円で、29年度末の進捗率は73%。本年度は、市道3号橋の取付道路工事および上流の市道7号橋改築に係る迂回路設置工事や地盤改良工事、橋梁下部工事、排水樋管工事や用地買収、取水堰設計を行い、上流部への整備延伸を図る。

 なお、関東・東北豪雨による災害復旧事業は28年度末で完了し、「鬼怒川緊急対策プロジェクト」の一環として災害対策等緊急整備推進事業で実施する約1.1kmの河川改修も29年度で完了している。

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.