河又土建工業が14回目 優良建設業者褒賞 砂押工業は初受賞(ひたちなか市)

[2019/6/6 茨城版]
 ひたちなか市は5日、優良建設業者褒賞の受賞者を発表した。本年度は、誠意を持って適正に施工し、優秀な成績で完成させた施工者として11者(前年度11者)を選定。最多受賞は河又土建工業で、15年度から5回連続14回目の受賞となった。表彰式は7月11日に開催される。

 受賞回数は河又土建工業の14回のほか、同じく5回連続の蓮田工務店が13回、八木組が10回、井滝建設と斉藤興業所、よこすか建設が各7回、橋本建設が6回、澤畑工務店が4回、横信建材工業が3回、上肥が2回と続き、砂押工業が初受賞となった。

 市の優良建設業褒章は1995年度に開始し、以後毎年行われていたが、東日本大震災の影響があった12-14年度は休止していた。その後、15年度に4年ぶりで再開し、市となってからは今回で22回目(1993-1994年度は勝田市による表彰)を数える(受賞回数はひたちなか市以降の回数を表記)。選考基準は、1件当たりの請負金額が300万円以上の工事請負件数が年間3件以上あること、あるいはAランクの受注2件以上で請負金額の総額が1億円以上などとする。

 褒賞規程では、目的を「建設業の健全な振興発展に資するため」と定義する。4項目ある審査基準は▽工事の内容が契約の条件に従い順調に進ちょくし、確実に履行されている▽工事施工中での現場内安全管理と周辺環境対策の確保がされている▽工事施工での関係法令などが遵守されている▽使用材料の品質と品質管理が適正に確保され、各工程での資料作成・整理などが優れていること──などを定めている。

 今回の対象工事件数は、18年度に完成した300件(市発注分253件、水道事業発注分47件)で、前年(313件)から13件減少した。審査は、永盛啓司副市長を会長とする褒賞審査会が行い、5月17日に開かれた審査会で受賞者11者を決定した。

 表彰式は7月11日に第3分庁舎2階防災会議室で開催する予定で、受賞者には大谷明市長から表彰状などを贈る。

 以下、受賞者と対象工事は次の通り。

 ▽井滝建設(7回、代表取締役井滝秀明、馬渡3293)=区画道路75号線築造工事(29東1工第4号)、舗装補修工事(30国防道管補修第1号)、津田枝川290号線外2路線舗装新設工事(29舗新第1号)、市道2-6号線側溝整備工事(30側整第1号)、親水性中央公園整備工事(29国補公園第27号)

 ▽河又土建工業(14回、代表取締役河又信博、堀口686-5)=管路施設工事(30市単公下南第2号)、舗装補修工事(30道管補修第8号)、管路施設工事(30国補公下南第5号)、東石川六ツ野線道路舗装工事(29社交六区第1号)、管路施設工事(30国補公下南第1号)、橋梁補修工事(29国補道路橋梁補修第1号)

 ▽斉藤興業所(7回、代表取締役齋藤真木男、田彦1394-16)=田彦地内(その1)配水管布設替工事(30配整第18号)、田彦地内(その2)配水管布設替工事(30配整第19号)、東石川地内(その1)配水管布設替工事(30配整第17号)、田彦地内(その4)配水管布設替工事(30配受第3号)、管路施設工事(30国補公下南第3号)、足崎長砂50号線道路改良工事(29道改第9号)、区画道路6-32号線外1路線道路改良工事(29市単佐東区改第4号)、区画道路6-32号線外2路線舗装新設工事(29市単佐東区舗第3号)、管路施設工事(30市単公下南第6号)、管路施設工事(30市単公下南第5号)

 ▽澤畑工務店(4回、代表取締役澤畑彦一、足崎1263-13)=足崎長砂228号線外1路線道路改良工事(29道改第4号-1)、津田枝川303号線舗装新設工事(29舗新第4号)、舗装補修工事(30道管補修第1号)

 ▽上肥(2回、代表取締役福地啓一、稲田1176-6)=管路施設工事(30国補公下南第4号)、親水性中央公園整備工事(29国補公園第10号)、舗装補修工事(30道管補修第13号)

 ▽砂押工業(初、代表取締役砂押義郎、高野338-4)=足崎地内(その2)配水管布設替工事(30配整第13号)、馬渡地内(その1)配水管布設替工事(30配整第14号)

 ▽橋本建設(6回、代表取締役橋本直行、田中後39-6)=調整池維持補修工事(30河維工第2号)、舗装補修工事(30道管補修第10号)、親水性中央公園フェンス設置工事(30市単公園第14号)

 ▽蓮田工務店(13回、代表取締役蓮田征孝、東石川1-14-7)=佐野図書館外構工事、視覚障害者誘導ブロック工事(30道管補修第19号)、高場雨水11号幹線管きょ布設工事1工区(29国補公下雨第4号)

 ▽八木組(10回、代表取締役八木幸雄、西赤坂3996-1)=平磯2号雨水幹線管きょ布設工事(29国補公下雨第1号)、管路施設工事(30市単公下南第4号)、管路施設工事(29国補公下南第7号)、管路施設工事(30国補公下南第6号)、管路施設工事(29国補公下北第4号)

 ▽横信建材工業(3回、代表取締役横須賀徹、八幡町12-43)=船窪雨水幹線管きょ布設工事(29国補公下雨第2号)、船窪雨水幹線管きょ布設工事(29国補公下雨第3号)

 ▽よこすか建設(7回、代表取締役横須賀健一、東大島4-13-11)=佐野234号線舗装新設工事(30舗新第4号)、6-100A号線外1路線区画道路改良工事(30都再六区第1号-1)、横断溝補修工事(30道管補修第17号)、大島中学校トイレ改修建築工事

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.