研学地区に小中併設校 設計費と用地費計上 陸上競技場整備へ基本構想策定(つくば市補正案)

[2019/9/3 茨城版]
 つくば市はこのほど、3日開会の9月定例市議会に提出する補正予算案の概要を明らかにした。一般会計には31億7713万円を追加し、本年度の総額を917億4467万円とする。主な補正は、学園の森義務教育学校の分離新設校となる研究学園小中併設校(仮称)の建設に向けて設計委託料と土地購入費を計上したほか、陸上競技場整備基本構想策定支援業務委託料やつくば中央インター北の都市計画決定図書作成委託料などを計上している。また、研究学園小学校(仮称)設計業務委託に1億3742万円(19年度4122万円、20年度9620万円)、研究学園中学校(仮称)設計業務委託に1億2625万円(19年度3787万円、20年度8838万円)、都市計画決定図書作成支援業務委託に629万円(19年度188万円、20年度0円、21年度441万円)の継続費を設定した。

 研究学園小中併設校は、学園の森義務教育学校の児童・生徒数の増加に伴い、研究学園2丁目のTX沿線北側に新たに建設する。建設場所の用地は県有地を取得する予定で、取得面積は約3万0270平方mを見込む。市は小中一貫校の義務教育学校ではなく、小学校と中学校を別々に建設して利用する併設校として整備する考えだ。

 併設校は、小学校が20クラス程度、中学校が10クラス程度の規模を想定しており、それぞれ校舎と体育館を建設するほか、外構工事などを行う。19-20年度で基本・実施設計を策定し、21-22年度で建設工事を行って23年4月の開校を目指す。

 陸上競技場整備事業は、基本構想策定支援業務を委託する。基本構想は検討委員会を設置して20年度中旬までに策定する予定で、それをもとに事業の可能性を大規模事業評価委員会に諮る考え。

 候補地は上郷高校跡地としており、小中学生の陸上競技大会をはじめ、市内大会レベルで公式記録が取れる3種または4種公認を考えている。陸上競技場は400mトラック1面(全天候型舗装8レーン)、インフィールド部はサッカーなどの多目的な球技利用を想定した人工芝(球技利用スペース以外は天然芝張り)、メインスタンドの観客席は約1000席を想定。上郷高校の敷地面積は約7haで、このうちグランド部分の約3haが整備対象となっている。

 圏央道のつくば中央インターチェンジ(IC)周辺開発は、つくば中央インター北土地区画整理事業を計画し、市街化区域への編入に向けて21年度中に都市計画決定図書を作成する。事業は土地区画整理組合施行で実施する予定で、設立準備会を設置している。対象となるのはつくば中央IC北側の約97haで、流通や物流施設を誘致する考えだ。

 このほか、橋梁の長寿命化修繕工事費や保育所の新設4カ所、増設2カ所、小規模保育施設1カ所の施設整備に対する補助金を盛り込んだ。

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.