橋爪地区で護岸工事 涸沼川と涸沼前川 改修事業促進を要望(涸沼川改修期成会)

[2019/11/20 茨城版]
 水戸市、茨城町、城里町、笠間市で組織する「涸沼川改修期成同盟会」(会長・山口伸樹笠間市長)はこのほど、県土木部に涸沼川および涸沼前川の整備促進に関する要望活動を行った。このなかで県は、涸沼川で橋爪地区の右岸左岸両側の護岸工事約170mを実施するほか、笠間工区でも柳堰から笠間大橋までの一部区間の右岸側の護岸工事に加えて、左岸側の護岸工事を実施する予定と説明。涸沼前川については、長岡橋直上流の右岸側の延長約90mの築堤工事に着手すると明らかにした。

 要望には山口会長のほか、監事代理の小林弘文茨城町副町長らが出席。山口会長は「台風の被害が全国的に発生している中で、河川の役割は非常に重要だということを我々も改めて認識したところ」と話し、各構成市町の要望を踏まえた河川改修の促進と必要な予算の確保を求めた。

 涸沼川は、笠間市から城里町南部を流下して涸沼前川、寛政川の支流と合流した後、涸沼を経て那珂川に合流する延長64.5kmの一級河川。涸沼川の支流となる涸沼前川は、笠間市の国道50号から涸沼川に合流するまでの、延長19.8kmの一級河川となる。

 河川整備は、涸沼川の「中流工区」「笠間工区」「大池田工区」の3つの工区、および支川の涸沼前川で進められ、涸沼から上流へ逐次進捗しているが、流域の安全で快適な生活環境を構築するためにも、各事業区間の整備促進とともに必要な予算の確保を要望した。

 具体的な要望個所は、全部で4カ所となる。このうち茨城町は、涸沼前川の長岡・大戸・常井地内、延長5600mの河川改修を要望し、特に大畑橋までの下流側約2km区間の早期改修を求めた。

 水戸市も涸沼前川の、県道玉里水戸線に架かる水戸橋付近から笠間市との行政境まで、延長6.3km区間の河川改修を要望。河道の屈曲が多く護岸も未整備で、大雨の際には増水で堤の潜掘や決壊が度々発生していることから、この区間全川の抜本的な河川改修を要望した。

 笠間市は橋爪地内680mの河川改修と、来栖、石井、赤坂地内約2400mの河川改修を要望した。橋爪地内は県道大洗友部線の道路改良事業と関連する区間で、宍戸橋架け替えも含めて整備促進を要望。笠間工区では一部の整備が完了しているが、依然として未整備となっている区間が多くあることから、早期の改修を求めた。

 要望に対し、県が事業の進捗状況を説明。涸沼前川は涸沼川との合流部から旧国道6号の長岡橋までの築堤が完了しており、現在は長岡橋から現国道6号の涸沼前川橋まで、延長約300m区間の事業を進めている。

 18年度は左岸側の延長約300mの築堤工事を実施し、「本年度は長岡橋直上流の右岸側の延長約90mの築堤工事に着手する予定」と報告し、来年度以降も引き続き用地買収を進めていく考えを示した。このほか「事業区間外でも、流下を阻害する樹木の伐採や土砂のしゅん渫などを行い、流下能力の向上に努めている」と説明した。

 涸沼川の中流工区では、笠間市橋爪地区でJR常磐線直上流から国道355号の宍戸橋までの区間約680mを、並行して走る県道大洗友部線の現道拡幅事業と併せて優先して進めている。18年度は左岸側の排水樋管工事を実施しており、「本年度は右岸左岸両側の護岸工事約170mを実施する予定」と明らかにして、残りの区間の用地買収も並行して進めていると報告した。

 笠間工区は、家屋などの浸水被害を軽減するための整備を進めており、16年度には柳堰の移築が完了している。17年度からは佐白大橋から笠間大橋までの河道掘削および護岸工事を実施しており、「本年度は柳堰から笠間大橋までの一部区間の右岸側の護岸工事を実施中であり、左岸側の護岸工事を実施する予定」と報告した。

 また事業区間外ではあるが、流下能力が低くなっている区間で16年度から流下を阻害する樹木の伐採や河道掘削を行い、18年度までに南吉原地区のレイクス橋から吉原橋上流まで約1240mの河道掘削を完了した。本年度は「宮下橋から吉原橋までの260m区間で、掘削を予定している」と明らかにした。

 最後に、対応した大野谷祐二総括技監は河川整備を推進していく考えを示すとともに、「今回の台風の被害については、小さなことでも報告していただきたい」と話した。

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.