葛城小増築に8億円 一般会計が過去最大 みどりの南小学校の設計で2カ年継続費(つくば市予算案)

[2020/2/5 茨城版]
 つくば市の五十嵐立青市長は4日、臨時記者会見を開いて新年度当初予算案の概要を説明した。それによると、一般会計は対前年度当初比0.6%増の885億2500万円で、過去最大の予算規模となった。予算編成にあたっては、つくばエクスプレス沿線開発の進展による人口増加に伴う児童の急増対策として教育施設の整備を着実に進めるほか、中心市街地の活性化や高エネ研南側用地への対応を考慮した。新年度の主な事業は、葛城小学校増築校舎建設事業やフットボールスタジアムつくば人工芝張替事業、アウトドアフィールド整備事業、放課後児童クラブ建設事業などで工事費を計上。また、みどりの南小学校(仮称)建設事業では用地購入費と設計等委託料に2カ年総額2億2938万円の継続費を設定した。

 一般会計歳出の性質別内訳をみると、普通建設事業費は105億6632万円で、クリーンセンター基幹的設備改良事業(約34億円減)や新谷田部学校給食センター建設事業(約16億円減)の終了などにより、前年度当初と比べて39億9700万円、率にして27.4%の大幅なマイナスとなった。一般会計に特別会計5会計と企業会計2会計を加えた予算総額は1488億0875万円で、新年度から下水道事業が企業会計に移行することから過去最大規模となった。

 葛城小学校増築校舎建設事業は、小学校敷地北側を約6100平方m拡張して校舎1棟を増築する。7億8705万円を投じて増築工事を行い、21年4月の供用開始を目指す。建物の規模はS造の延べ約1800平方mで、普通教室約10クラスのほか特別教室なども設ける。設計は服部建築設計事務所(つくば市)が担当した。

 市では研究学園小・中学校(仮称)と香取台地区小学校(仮称)の新設に向けて19-20年度で設計の策定を進めているが、新年度にはみどりの南小学校(仮称)の建設事業にも着手する。

 みどりの南小学校(仮称)建設事業は、みどりの学園義務教育学校の児童増加に伴い、みどりの地区に新たに小学校を建設するもの。当初予算には用地購入費や基本・実施設計委託料の継続費(20年度6881万円、21年度1億6057万円)などを計上した。20-21年度で設計を策定し、24年4月の開校を目指す。小学校は約30クラス程度の規模が見込まれている。

 フットボールスタジアムつくば人工芝張替事業は、利用者が安全かつ快適に施設の利用を行うことができるよう、経年劣化で芝の破れなどが発生しているサッカー場の張替工事を実施する。

 アウトドアフィールド整備事業は、こもれび六斗の森にサニタリー棟を建設する。トイレやシャワー、炊事場をを設置する予定で、建物の規模は木造平屋、約150平方m程度を想定する。設計は青山建築設計事務所(つくば市)で策定した。

 放課後児童クラブ建設事業は、上郷・茎崎第一・柳橋の3カ所で建設工事を実施するほか、葛城・今鹿島・竹園東の3カ所の建設工事に向けて設計を策定する。

 このほか、市道新設改良事業では5億6059万円を投じて、26路線、延長3920mの工事を実施する予定だ。

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.