工事88件、業務64件を表彰 県内工事は11件5人 優良工事等局長表彰 感染症対策で表彰式中止(関東地方整備局)

[2020/7/16 茨城版]
 国土交通省関東地方整備局(石原康弘局長)は15日、本年度の優良工事等局長表彰の受賞者を発表した。優良工事関係は対象工事1055件から優良工事88件(重複除き80社)と優秀工事技術者68人、安全管理優良受注者108社を、優良業務関係は対象業務1516件から優良業務64件(重複除き42社)と優秀技術者64人を選定している。また、新たな表彰制度となる新技術推進技術者表彰では8件(新技術の活用と普及の取り組み4件、職務発明・創意工夫4件)が受賞する。県内事務所の管轄では11件と5人が優良工事・優秀工事技術者表彰を受けたほか、20社が安全管理優良受注者表彰、9件と9人が優良業務・優秀技術者表彰を受賞し、新技術推進技術者表彰で2件の取り組みが表彰される。なお、表彰式は新型コロナウイルスの感染防止の観点から中止となり、表彰状などの送付をもって表彰する。

 優良工事等局長表彰の審査は、同局や管内の50事務所から推薦された河川・道路・営繕・港湾・空港の工事や業務の中から、優良工事等選定委員会(港湾空港関係は表彰審査委員会)が行い決定している。局長表彰の受賞者は、総合評価方式の入札契約手続きで企業や担当技術者の技術力評価が優位となる。

 このうち、前年度の完成工事を対象とした優良工事表彰は1975年度に開始され、今回で44回目。本年度の受賞工事は計88件(重複除き80社、JVはJVとしてカウント)となった。建設業者の技術向上や円滑な事業の推進を図ることを目的に、同局の発注工事を優秀な成績で完成させた業者を表彰し、技術審査は工事の難易度や創意工夫、安全対策への取り組みなどを重点的に行う。

 優秀工事技術者表彰は、優良工事を担当した現場代理人や主任(監理)技術者から選定し、1989年に開始して今回で31回目。技術者の誇りと資質の向上を図り、円滑な事業の推進することなどを目的に、管理能力や技術能力、仕事に対する積極性、誠実性などを重点的に審査する。

 安全管理優良受注者の表彰は、直轄工事の工事事故が増加傾向にあった2001年度から開始され、今回で20回目となる。安全対策の向上と円滑な事業推進を目指し、一般土木工事やアスファルト舗装工事など多くの工事を完成させた者から、無事故継続など安全管理に優れた者を選定している。本県関係では今回、一般土木工事で20社を表彰する。

 今回で30回目となる優良業務・優秀技術者の表彰は、業務計画段階から全体を掌握しつつ、優れた企画力を発揮し、積極的で斬新な提案を行うなどの創意工夫に優れたものや、技術的に高度で複雑な業務を遂行し、優良な成果として取りまとめたものなどを表彰する。

 新たな表彰制度となる新技術推進技術者表彰は、質の高い社会資本整備の効率的な推進には技術開発の推進が重要なことから、▽新技術の活用と普及▽職務発明又は創意工夫▽技術の適用手法等の整備──に積極的に取り組んだ組織や職員を新技術推進技術者として表彰することで、新技術活用等の推進を図ることを目的としている。本年度は県内から2件(職務発明・創意工夫2件)の取り組みを表彰する。

 以下、県内事務所関係の主な受賞者は次の通り。※▽受賞者(受賞技術者)=[1]受賞工事・業務・取組(工種・業種)[2]管轄事務所[3]その他・受賞理由
【優良工事・優秀工事技術者表彰】
▽高橋芝園土木(現場代理人兼監理技術者・高橋拓也)=[1]H30鬼怒川左岸本石下上流築堤工事(一般土木工事)[2]下館河川事務所
▽ケージーエム(監理技術者・須加繁)=[1]H30鬼怒川左岸水海道元町築堤護岸工事(一般土木工事)[2]下館河川事務所
▽常総開発工業(現場代理人・宮本正則)=[1]H30東関道延方地区函渠その1工事(一般土木工事)[2]常総国道事務所[3]週休2日
▽松原建設=[1]H30那珂川戸多地区環境整備工事(一般土木工事)[2]常陸河川国道事務所[3]週休2日、ICT適用工事
▽大勝建設=[1]H30年度国道51号潮来市牛堀地区舗装修繕工事(アスファルト舗装工事)[2]常陸河川国道事務所
▽東康建設工業=[1]H29・30国営ひたち海浜公園みはらしの里古民家整備工事(木造建築工事)[2]国営常陸海浜公園事務所
▽オリエンタル白石(監理技術者・保坂光信)=[1]H30年度国道6号千代田石岡BP幸町田島下線跨道橋上部工事(プレストレスト・コンクリート工事)[2]常陸河川国道事務所[3]週休2日
▽佐藤工務店(現場代理人兼監理技術者・福田清)=[1]H30・31真岡管内維持管理工事(維持修繕工事)[2]下館河川事務所
▽昭和建設=[1]H30・31水戸国道維持工事(維持修繕工事)[2]常陸河川国道事務所
▽株木建設=[1]H30国道50号大塚高架橋P28他耐震補強工事(維持修繕工事)[2]常陸河川国道事務所[3]週休2日
▽株木建設=[1]H30蓮河原町地区浚渫工事(河川しゅんせつ工事)[2]霞ヶ浦河川事務所

【安全管理優良受注者表彰】
▽一般土木工事=株木建設(水戸市、完成工事件数6件)、秋山工務店(日立市、同4件)、新井土木(常総市、同9件)、岡部工務店(日立市、同4件)、キムラ工業(牛久市、同19件)、常総開発工業(神栖市、同3件)、常陽建設(取手市、同11件)、菅原建設(水戸市、同5件)、大勝建設(神栖市、同3件)、高橋建設(行方市、同6件)、松崎建設(潮来市、同18件)、松原建設(稲敷市、同4件)、高橋芝園土木(古河市、同6件)、北都建設工業(土浦市、同6件)、日東エンジニアリング(土浦市、同9件)、赤塚土木興業(つくばみらい市、同5件)、天海建設(稲敷市、同4件)、新みらい(つくばみらい市、同5件)、金成重機建設(日立市、同5件)、昭和建設(水戸市、同6件)

【優良業務・優秀技術者表彰】
▽国土建設コンサルタント(主任技術者・比企利夫)=[1]H31那珂川下流部流量観測調査業務(測量)[2]常陸河川国道事務所
▽コウノ(主任技術者・奥谷純一)=[1]H31久慈川流量観測調査業務(測量)[2]常陸河川国道事務所
▽コウノ(主任技術者・二階堂満)=[1]H30霞ヶ浦波浪対策箇所堤防測量(測量)[2]霞ヶ浦河川事務所
▽ドーコン(管理技術者・井窪将)=[1]H31国道6号千代田石岡バイパス事業計画資料作成業務(土木関係建設コンサルタント業務)[2]常陸河川国道事務所
▽三井共同建設コンサルタント(管理技術者・本田正修)=[1]H30本新地先波浪対策施設設計業務(土木関係建設コンサルタント業務)[2]霞ヶ浦河川事務所
▽東関道水戸線道路事業監理業務30C3長大・関東地域づくり協会・クリエート設計共同体(管理技術者・丹野和之)=[1]東関道水戸線道路事業監理業務30C3(土木関係建設コンサルタント業務)[2]常総国道事務所
▽東洋技研コンサルタント株式会社東京支社(管理技術者・渡邉信也)=[1]R1常陸河川国道管内橋梁補修設計業務(土木関係建設コンサルタント業務)[2]常陸河川国道事務所
▽応用地質(主任技術者・謝建明)=[1]R1年久慈川・那珂川河床材料調査業務(地質調査業務)[2]常陸河川国道事務所
▽四門(管理技術者・菅谷昭彦)=[1]牛久土浦BP用地調査等業務31B4(補償関係コンサルタント業務)[2]常総国道事務所

【新技術推進技術者表彰】
〈職務発明又は創意工夫〉
▽常総国道事務所(前事務所長、前建設監督官)、細谷建設工業=[1]建機用バッテリー盗難防止装置の開発[3]発注者からの提案により、新たな建機用バッテリー盗難防止装置を工事受注者と共同で開発し、特許申請を行っている。
▽水庭農園=[1]ケーシング削孔引抜工法による来園者の快適な利用や作業環境改善[3]国営常陸海浜公園事務所発注の工事現場において、ケーシング削孔引抜工法を使用し、来園者の快適な利用等に寄与した。

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.