28件と1人に栄誉 優良工事等事務所長表彰 災害工事功労は4件を(常陸河川国道)

[2020/7/23 茨城版]
 国土交通省常陸河川国道事務所(原田昌直所長)は22日、19年度の優良工事等事務所長表彰の受賞者を発表した。表彰対象の工事57件と業務67件の中から優良工事で5件、難工事功労で17件、建設業担い手確保・育成貢献表彰で1件、災害対応工事功労で4件、優良業務と優秀技術者で1件1人の計28件と1人を選び、その栄誉をたたえた。今回は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、表彰状の送付をもって表彰式に代える。

 優良工事の事務所長表彰は1986年度に始まり、前年度の完成工事から施工成績が優秀で功績の顕著な工事を選定し、その施工者と工事を担当した現場代理人、主任(監理)技術者を表彰する。今回は19年度に完成した工事から、工事成績が優良なものやその功績が顕著なもので、技術審査で工事難易度や創意工夫、安全対策への取り組みなどを重点に工事5件を選定。難工事指定対象工事は、当該工事が良好でその功績が顕著な17件を選定している。

 優良業務表彰は、19年度の完成業務の中から▽業務成績が優良、または功績が顕著なもの▽業務の計画段階から全体を掌握し、優れた企画力を発揮、積極的で斬新な提案を行うなどの創意工夫が見られるもの▽技術的に高度で複雑な業務を遂行し、優良な成果として取りまとめてあるもの──などを基準として、1件1人を選定した。

 このほか、今回で3回目となる災害対応工事功労表彰は、災害発生時の応急対策や支援などの災害対応を行った工事4件を選定。このうち2件は増子建設が施工した。

 これら優良工事や優秀工事技術者、難工事功労で表彰されると総合評価落札方式等で企業や担当技術者の技術力評価が優位となり、優良業務及び優秀技術者表彰を受賞した場合は企業や担当技術者の技術力評価が優位となる。建設産業担い手育成・確保貢献工事表彰、災害対応工事功労表彰を受賞した場合は、事務所が総合評価落札方式で発注する工事で企業等の技術力評価が優位になる。

 以下、事務所長表彰の受賞者は次の通り。(敬称略)

【優良工事及び優良工事技術者表彰】
▽加藤建設=H29・30国道51号神宮橋架替橋梁下部仮桟橋設置工事
▽キムラ工業=H29年度東関道潮来佐原線橋下部工事
▽東鉄工業=H30年度国道6号大和田拡幅石名坂橋下部他工事
▽東昭建設=H30・31那珂川上流管内維持管理工事
▽常盤工業=H31年国道6号中村南電線共同溝他工事

【優良業務及び優秀技術者表彰】
▽綜合技術コンサルタント(長川翼)=H30常陸管内道路詳細修正設計他業務

【難工事功労表彰】
▽岡部工務店=H30年度国道6号大和田拡幅石名坂地区改良工事
▽秋山工務店=H31国道6号大和田拡幅赤羽根橋地区改良工事
▽松崎建設=H30年度国道6号千代田石岡BP石岡地区改良工事
▽新井土木=H30国道50号川澄地区地盤改良他工事
▽鴨志田造園建設=H31水戸国道管内緑地管理工事
▽千本杉=H31鹿嶋国道管内緑地管理工事
▽つくば都市緑化=H31土浦国道管内緑地管理工事
▽不二造園土木=H31岩瀬国道管内緑地管理工事
▽秋山工務店=H30・31水戸管内(那珂川・桜川)維持管理工事
▽瀧工務店=H30・31那珂管内(那珂川・藤井川)維持管理工事
▽中井工務店=R1年国道6号平潟町防災工事
▽イガラシ綜業=R1日立国道管内外照明維持工事
▽株木建設=H31国道50号大塚高架橋P14外耐震補強工事
▽関口工業=H30・31土浦国道維持工事
▽常陸建設=H30・31久慈川下流管内(久慈川)維持管理工事
▽増子建設=H30・31久慈川上流管内(久慈川)維持管理工事
▽東鉄工業=R1国道6号水戸大橋補修工事

【建設産業担い手確保・育成貢献工事表彰】
▽加藤建設=H29・30国道51号神宮橋架替橋梁下部仮桟橋設置工事

【災害対応工事功労表彰】
▽井坂組=R1久慈川小倉地区堤防緊急復旧工事
▽増子建設=R1久慈川小貫地区堤防緊急復旧工事
▽珂北開発=R1久慈川富岡地区堤防緊急復旧工事
▽増子建設=R1久慈川塩原地区堤防緊急復旧工事

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.