工業団地造成を再開 県の新年度予算案骨子 公共事業費が12%減 新最終処分場は基本計画など(いばらき自民党)

[2021/2/13 茨城版]
 いばらき自民党によると、県の21年度一般会計当初予算案は前年度当初比で11・4%増加し、1兆2950億円程度となる見通し。このうち1620億円は新型コロナウイルス感染症関連分となり、震災関連や新型コロナウイルス感染症関連分を除いた伸び率は0.5%程度にとどまる見通しだ。公共事業費は、東日本大震災に係る復興・創生期間の終了に伴い、前年度から12.3%減の1120億円程度となる見込みだが、国の第3次補正に対応する本年度2月の補正予算と合算した場合は1520億円程度となり、これは20年度当初の1274億円を19.3%上回る。このほか、新年度は新たに「つくばみらい福岡地区土地造成事業」会計を企業会計に造成し、圏央道の4車線化の進捗を踏まえてこれまで凍結してきた県による工業団地の開発を再開する。新最終処分場整備事業では、基本計画や地質調査などを推進する。

 歳出を性質別に見ると、義務的経費は4940億円程度で0.6%減、投資的経費は1520億円程度で4.9%減、一般行政費は4840億円程度で37.5%増、税交付金等は1660億円程度で7.3%増となる。投資的経費の減少の主な要因は、20年度当初に220億円程度を計上していた震災関連事業費が復興・創生期間の完了で皆減となったことによるものとなる。

 公共事業費の内訳は、国補公共事業が15.4%減の860億円程度で、県単公共事業が0.1%減の250億円程度。国補公共事業については補助事業が66億円で20.8%減少し、一方で直轄事業は200億円と9.2%増加する。あわせて、20年度2月の補正予算には国第3次補正の経済対策対応分として400億円程度を計上する見通しとなっている。

 新年度予算案における重点施策は、引き続き総合計画に位置付けた4つのチャレンジごとに各種施策を推進する。このうち「新しい豊かさへのチャレンジ」では、新規事業として企業会計のつくばみらい福岡地区土地造成事業に122億1700万円程度を計上し、つくばみらい市の福岡地区に約70haを確保して新たな工業団地を造成する。あわせて工業団地整備調整推進事業を9800万円に増額し、産業用地開発のための可能性調査および新たな工業団地のPRを実施する。

 また拡充事業としては、優良繁殖和牛群整備対策事業に1億8600万円を盛り込み、優良繁殖和牛の増頭に向けた施設整備を推進する。本年度に循環式陸上飼育システムの基本構想を策定した「いばらきの養殖産業」創出事業は、予算額を1億3200万円に大幅に拡充して、養殖産業創出のための技術開発や事業者誘致のための適地調査を実施する。

 「新しい安心安全へのチャレンジ」の新規事業は、新最終処分場整備事業に9700万円を盛り込み、新最終処分場の基本計画や地質調査などを進める。安全安心まちづくり推進事業では、市町村が行う街頭防犯カメラの設置を補助するため3600万円を予算化。避難対策強化事業には5000万円を計上し、マイ・タイムライン作成システムの構築や自主防災組織結成などを補助する。

 拡充事業は、特に感染症予防医療法施行事業を前年度の3700万円から379億7400万円に大幅に増額し、新型コロナウイルス感染症患者受け入れ医療機関の空床確保に対する補助を行う。湖沼水質浄化下水道接続支援事業も2億6500万円に増額し、市町村が行う下水道の接続促進経費に対する補助を拡充する。

 「新しい人財育成へのチャレンジ」では、県立学校における先端技術活用教育推進関連事業を前年度の1億1200万円から4億0600万円に増額し、一人一台端末の購入などに係る低所得世帯への補助やICT活用に係る支援員の配置などを行う。また、教育情報ネットワーク事業も1億9700万円から6億1100万円に大幅に増額して、一人一台端末の導入や教員のテレワーク環境構築に対応するためのシステム更新を実施する。

 「新しい夢・希望へのチャレンジ」には、新たに電気自動車等充電設備整備事業として5000万円を盛り込み、県有施設へ電気自動車などの急速充電設備を整備する。また、ひたちなか大洗リゾート構想推進事業は一部拡充し、富裕層向けコンテンツ開発の市場調査などを実施する。宿泊施設等立地促進事業は前年度と同じく10億0200万円を計上し、新年度は常設の観光施設を誘致対象に追加する。

 なお、新型コロナウイルス感染症関連事業は「感染拡大防止と医療提供体制の整備等」に404億8400万円、「県民生活等への支援」に29億8400万円、「県内産業等への支援」に1169億1400万円、予備費に17億円の、あわせて1620億円程度を見込んでいる。

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.