27年度稼働開始へ 新ごみ処理施設 基本計画など推進(鉾田・大洗事務組合)

[2021/4/24 茨城版]
 鉾田市と大洗町の一般廃棄物処理施設の整備・運営を目的に1日に設立した「鉾田・大洗広域事務組合」の、設立後初の会合となる組合議会の臨時会が22日、鉾田市役所旭総合支所で開かれた。正副議長を選出し組合議会規則を定めたほか、一般会計予算や条例制定の各議案を審議して、いずれも原案通り可決した。本年度は総額1億2933万円の予算を編成し、一般廃棄物処理施設整備基本計画の策定やPFI導入可能性調査などを委託する計画で、27年4月1日の稼働開始に向けて積極的に事業を進めていく。

 鉾田市の鉾田クリーンセンターは1993年10月の竣工、大洗町にある大洗・鉾田・水戸環境組合クリーンセンターは92年4月の竣工と稼働開始から25年以上が経過しており、一般的に稼働開始後25年程度とされるごみ焼却施設の耐用年数からも既に建て替えの時期を迎えている。一方、効率化やコスト削減の観点から、ごみの広域処理が求められている。

 このため、鉾田市と大洗町は20年4月28日に「鉾田市・大洗町広域ごみ処理促進協議会」を設立し、新たなごみ処理施設の建設に向けて共同で事務処理を進めてきた。本年1月28日には県知事から組合設立の許可が下り、4月1日に「鉾田・大洗広域事務組合」を設立。21年度からは国の循環型社会形成推進交付金の交付を受け、事業を進めていく。

 今回の臨時会は、組合設立にあたり組合議会で条例や予算を審議するもの。議事に先立ち、管理者の岸田一夫鉾田市長はこれまでの経緯や設立の目的を説明して「組合として共同で取り組むことで、ごみ処理コスト縮減だけでなく再生可能エネルギーも積極的に取り入れ、高度で効率的、また安全で安定的な運営ができる施設を整備する」と話した。また、副管理者の國井豊大洗町長も「執行部と議会が一致協力して所期の目的を果たすことで、住民生活に支障がないような環境づくりに皆で力をあわせていきたい」と抱負を述べた。

 議事は鉾田市議会の井川茂樹議員を議長、大洗町議会の小沼正男議員を副議長に選任し、予算や条例の議案を審議した。このうち一般会計予算は、歳入歳出それぞれ1億2933万円を計上。歳入は、構成市町の負担金として鉾田市が5691万円、大洗町が5582万円のあわせて1億1274万円のほか、環境省の循環型社会形成推進交付金から計画支援事業の4693万円のうち、前払分として3分の1にあたる1659万円の交付金を計上する。

 歳出は議会費や総務管理費、監査委員会費のほか、施設建設費に委託料6416万円と公有財産購入費206万円のあわせて6622万円を予算化。委託料は一般廃棄物処理施設整備基本計画策定業務、PFI等導入可能性調査業務、建設地測量調査業務、建設地地質調査業務、生活環境影響調査業務、事業者選定アドバイザリー調査業務、都市計画決定業務、進入路用地取得業務、進入路道路詳細設計業務に対するもので、公有財産購入費は進入路の用地取得費となる。

 あわせて債務負担行為には、いずれも22年度までの限度額として一般廃棄物処理施設整備基本計画策定業務に1400万円、PFI等導入可能性調査業務に490万円、建設地測量調査業務に1050万円、建設地地質調査業務に1400万円、生活環境影響調査業務に4200万円、事業者選定アドバイザリー調査業務に3080万円の、合計1億1620万円を設定した。

 建設地については、現在の大洗・鉾田・水戸環境組合クリーンセンターの南側に隣接する日本原子力研究開発機構の所有地約4.3haを取得する考えで、このあと機構側に協議を申し入れる。取得する面積は協議して決定し、またこの用地が海沿いの保安林となっていることから、その取り扱いについても県と協議する。新施設への進入路は、国道51号の原子力機構南門前交差点から新たに整備する方針としている。

 今後のスケジュールは、21-22年度で一般廃棄物処理施設整備基本計画の策定やPFI等導入可能性調査、建設地の測量・地質調査、生活環境影響調査および用地取得などを実施。23年度からは新ごみ処理施設の建設に着手して4カ年で整備し、27年4月1日の稼働開始を目指す。本年度はこれら基本計画の策定や各種調査の委託のほか、施設整備検討委員会の設置などを予定している。

 臨時会を終えて岸田管理者は「建設に向けて邁進して約1年、全国的にもこのようなスピードで組合が設立できた事例はなかなか無い。現在の施設はいずれも老朽化しており、新しい施設の1日も早い稼働に向けて一歩を踏み出せたことはうれしい」と話した。また國井副管理者は「一部事務組合は行政の枠組みを超えて事業に取り組むものであり、この両市町を1つの地域として捉えて、施策の実現のために手を携えて取り組んでいきたい」と決意を表した。

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.