東関道に22億円 補正予算概要 牛久土浦BPなどを推進(関東整備局)

[2021/12/23 茨城版]
 国土交通省関東地方整備局は、補正予算の成立を受け、整備局管内の概要をまとめた。国土交通省に配分された1兆9473億円のうち、整備局関係の予算(事業費)は3787億4100万円(直轄721億8800万円、補助・交付金3065億5300万円)となった。本県関係の主なものでは、道路関係で東関道水戸線のほか、国道6号の牛久土浦バイパスや千代田石岡バイパス、東海拡幅、大和田拡幅、国道50号の結城バイパスなどを推進する。

 国土交通省関係の補正予算では、▽新型コロナウイルス感染症の拡大防止▽「ウィズコロナ」下での社会経済活動の再開と次なる危機への備え▽未来社会を切り拓く「新しい資本主義」の起動▽防災・減災、国土強靱化の推進など安全・安心の確保──4つの柱で所要の経費を計上している。また、公共事業の効率的な執行のため、ゼロ国債(当該年度の支出はゼロであるが、年度内に契約発注が可能)も設定した。

 関東整備局での配分では、地域の実情や地方公共団体の要望などを勘案しながら、高い緊急性と効果が認められる事業に重点をおいたとしている。4つの柱における補助事業などの都県別配分を見ると、本県には、未来社会を切り拓く「新しい資本主義」の起動に51億0200万円、防災・減災、国土強靱化の推進など安全・安心の確保に205億3800万円を配分し、総額は256億4000万円となった。

 県内の主な事業を見ると、道路事業では東関道水戸線(潮来~鉾田)には22億2000万円、国道50号結城バイパスに3億9000万円などが配分された。このうち、結城バイパスについては23年春ごろにも延長2.8kmの全線が供用開始する見通しとなっている。

 河川事業では、一般河川改修事業で小貝川に12億1500万円、常陸利根川に5億6000万円。このほか、国営常陸海浜公園には4億2300万円(5か年加速化対策分1億9500万円)、鹿島港に13億5000万円が配分されている。

 補助関係では、国道354号古河境バイパス(古河市、境町)に事業費2億9700万円、常陸大宮市の常陸大宮地区周辺地区に国費8000万円、水戸市の泉町1丁目北地区に国費2億1800万円などが内示されている。

 以下、本県の主な事業は次の通り。

【河川】
▽利根川水系小貝川河川改修事業(直轄)=流域治水の一環として、5か年加速化対策により築堤等を実施し、早期に地域の安全性の向上を図る。
▽利根川水系常陸利根川河川改修事業(直轄)=流域治水の一環として、5か年加速化対策により侵食対策等を実施し、早期に地域の安全性の向上を図る。
▽利根川水系鬼怒川総合水系環境整備事業(直轄)=地域観光等の拠点を創出するためのまちづくりを推進するため、官民連携まちづくり等の地域活性化に資する支援として側帯(リバースポット)等を実施する。
▽那珂川水系那珂川河川大規模災害関連事業(那珂川緊急治水対策プロジェクト)(直轄)=那珂川水系において、河道掘削等を実施し、早期に地域の安全性向上を図る。
▽久慈川水系久慈川河川大規模災害関連事業(久慈川緊急治水対策プロジェクト)(直轄・権限代行)=久慈川水系において、河道掘削等を実施し、早期に地域の安全性向上を図る。
▽利根川水系桜川大規模特定河川事業(補助)=流域治水対策を推進するため、重点的・集中的に河道掘削を実施。

【道路】
▽東関東自動車道水戸線(潮来~鉾田)(直轄)=災害時においても速やかに緊急車両や一般車両の通行を確保するため、用地買収及び改良工事を実施することで、道路ネットワークの機能強化を推進。
▽国道6号千代田石岡バイパス(直轄)=災害時においても速やかに緊急車両や一般車両の通行を確保するため、改良工事を実施することで、道路ネットワークの機能強化を推進。
▽国道6号牛久土浦バイパス(II期)(直轄)=災害時においても速やかに緊急車両や一般車両の通行を確保するため、改良工事を実施することで、道路ネットワークの機能強化を推進。
▽国道6号牛久土浦バイパス(III期)(直轄)=災害時においても速やかに緊急車両や一般車両の通行を確保するため、調査設計を実施することで、道路ネットワークの機能強化を推進。
▽国道6号東海拡幅(直轄)=災害時においても速やかに緊急車両や一般車両の通行を確保するため、調査設計を実施することで、道路ネットワークの機能強化を推進。
▽国道6号大和田拡幅(直轄)=災害時においても速やかに緊急車両や一般車両の通行を確保するため、橋梁上部工事を実施することで、道路ネットワークの機能強化を推進。
▽国道50号結城バイパス(直轄)=災害時においても速やかに緊急車両や一般車両の通行を確保するため、橋梁上部工事、舗装工事及び改良工事を実施することで、道路ネットワークの機能強化を推進。
▽国道6号住吉町電線共同溝(直轄)=電柱倒壊による道路閉塞等の被害を防止するため、市街地等の緊急輸送道路の無電柱化を推進。
▽国道51号維持管理(直轄)=道路の通行止めのリスクを解消するため、道路法面対策等を実施し、安全かつ円滑な通行を確保。

【港湾空港】
▽茨城港常陸那珂港区外港地区国際海上コンテナターミナル等整備事業(直轄)=地域の基幹産業の競争力強化等を図るため、港内静穏度を確保する防波堤の整備を推進。
▽鹿島港外港地区国際物流ターミナル整備事業(直轄)=港湾におけるカーボンニュートラルの実現に向けて、洋上風力発電に係る基地港湾の整備を推進。

【都市住宅】
▽国営常陸海浜公園(直轄)=公園内のトイレ・給水管等の施設補修及び園路の補修等を実施。

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.