歌津北ICをフルIC化 三陸道/事業費が20億円(東北整備局)

[2021/1/26 宮城版]
 東北地方整備局は、三陸沿岸道路の歌津北インターチェンジ(IC)をハーフICからフルICに改良する計画だ。事業費は20億円を試算。順調に事業化されれば、22021年度から測量設計を進め、2025年度の全体完成を目指す。延伸整備を進めている県内の三陸沿岸道路は、年度内の全線開通を予定するものの、同ICの構造変更に伴って事業期間が25年度までとなる。
 歌津北ICの構造変更については、同局が22日に本年度の第3回事業評価監視委員会(委員長・徳永幸之宮城大学教授)を開いて説明した。委員らは、この変更を含めて三陸沿岸道路(登米~釜石)の道路事業を再評価し、事業継続が妥当と認めた。
 歌津北ICは、南三陸町歌津地区に南向きのハーフICとして整備され、2019年2月16日に供用を開始。現在は歌津北ICから乗ると仙台方向に進め、帰りはここで下りられる。フルIC化では、これに北向きのICを追加する。
 具体的にはダイヤモンド型のICを想定しており、ランプを増設することになる見込み。IC付近には海側から山の方へ上る道路があり、地域住民との交渉次第では、ここに橋を架ける可能性も出てきそうだ。
 フルIC化を進めることになった背景には、昨年6月に県が「宮城県緊急消防支援隊受援計画」を策定し、歌津平成の森を緊急消防隊の宿営地として登録したことや、県の地域防災計画で気仙沼市内に圏域防災拠点が設定されていることを挙げている。
 歌津平成の森は、歌津北ICの南側に位置しており、緊急消防隊の宿営地として活用される。災害が起きるとここに全国の緊急消防隊が集結して展開するようになるため、アクセス性向上の必要性が高まっていると判断し、北向きのICを追加することにした。
 さらに、歌津北ICをフルIC化した場合、歌津総合支所から気仙沼市立病院までの所要時間は27分となり、ハーフICに比べ3分短縮され、緊急搬送の面でも効果が期待できる。
 22日の事業評価監視委員会では、歌津北ICの構造変更に伴い、三陸沿岸道路(登米~釜石)の全体事業費がこれまでの5164億円から、20億円増の5184億円となることや、事業期間が2011~20年度の10年間から、5年間延びて25年度までとなることなどを報告。計画交通量は1日当たり1万1700台から、ネットワーク条件の見直しにより100台増の1万1800台となる。

事業評価監視委員会で三陸道の道路事業の再評価が行われ、事業継続が妥当とされた

事業評価監視委員会で三陸道の道路事業の再評価が行われ、事業継続が妥当とされた


歌津北ICのフルIC化イメージ

歌津北ICのフルIC化イメージ

Comments are closed.


Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.